当院の諸尊諸仏

h2_syosonsyobutsu

h2_syosonsyobutsu_mobile

金剛蔵王権現

 
金剛蔵王大権現

当院のご本尊、役行者が祈り出された金剛蔵王大権現。本来のお姿は、釈迦如来、千手観世音菩薩、弥勒菩薩です。その三仏が、過去、現在、未来の三世にわたって人々を救済するため、悪魔を降伏させる忿怒の相のお姿で出現されました。権現とは仮の姿で現れることを意味しています。

護法魔王尊

 
護法魔王尊

当院創健の時代から祀られ、全国的にもその存在は極めて珍しい仏様です。その正式名称は破邪顕正護法魔王尊と言い、力と人類救済を司り、諸悪を破し、人々を本来の光あるべき楽しく素晴らしい人生に導く有り難く、力強い稀有な仏様です。魔王尊は天狗の総大将であり、その身の軽さで馳せ参じ、大いなる力を必要とされる方の元へ届けます。

毘沙門天王

 
毘沙門天王

当院創建の時代から祀られている別格本尊。四天王の一尊、武神として知られ、戦国武将の上杉謙信も篤く信仰していました。勝負運、財福の神、また無病息災の仏尊としても有名です。

役行者神変大菩薩
本宗のご開祖。日本の正史『続日本紀』にも記される実在の山林修行者。幼少の頃より葛城山で修行するなど各地での山林修行や苦行の末、金峯山上にて金剛蔵王大権現を感得され、修験道の基礎を開かれたと伝えられています。 やがて修行の高まりと共に、強固な精神力と、煩悩を克服した境地に達し、呪術家としての名声は天下に鳴り響きました。1100年忌にあたる1799年(寛政11年)に光格天皇より、神変大菩薩(じんべんだいぼさつ)の諡号(しごう)が贈られました。

大聖不動明王
修験三尊の一尊。密教独自の尊格である明王の一尊であり、大日如来の化身とも言われます。日本仏教の諸派及び修験道で幅広く信仰されています。左手に持つ羂索で悪を縛りつけ、右手に持つ三鈷剣で煩悩や因縁を断ち切ります。

釈迦如来
本尊蔵王権現の三体本地仏の一尊。過去世をお守り、お救いくださいます。

千手観世音菩薩
本尊蔵王権現の三体本地仏の一尊。現在世をお守り、お救いくださいます。

弥勒菩薩
本尊蔵王権現の三体本地仏の一尊。未来世をお守り、お救いくださいます。